黒水って何?

 黒水(コクスイ)はフルボ酸とフミン酸を独自ブレンドした天然ミネラル濃縮液です。しかし、なかなか聞きなれないミネラル名ですよね?ここでは、フルボ酸とフミン酸について説明致します。 フルボ酸・フミン酸は食物や動物などの生物が生命を終え、アメリカのニューメキシコ州北部山脈で何千万年と言う長い年月を掛けて微生物によって分解、醗酵を繰り返しながら蓄積されてできた物質から抽出された物質です。 世界でも限られた場所にしかない貴重な腐植物質であり、黒水(コクスイ)は77以上の種類のミネラル、18アミノ酸を含むフルボ酸とフミン酸の独自ブレンドの有機物です。 植物や動物も同じですが、食べ物から取る栄養素を身体の中に吸収する役目を担います。食べ物で摂取する栄養素以外にも、フルボ酸・フミン酸自体があまり接種できない微量ミネラル等をアミノ酸とくっついた形で含んでおり、効果よく身体に補充します。また、ヒ素、鉛、水銀、カドミウムなどの有害なミネラルをフルボ酸・フミン酸が持つアミノ酸と結合(キレート)させて排出させる働きをします。

 活性酸素の排除にも作用し、必要な栄養を吸収して、不必要な物質を排除する、デトックス効果もあります。抗菌化能力を持っており、活性酸素やフリーラジカル(癌の発生の促進をする働き) の排除にも役立ち、被爆治療にも優れていると言われています。

  黒水(コクスイ)の特徴としては、まず色が黒いことにあります(その為に"黒いミネラル"とも呼ばれている)。その理由は腐食酸(フルボ酸・フミン酸)独自の色で、コレストロールの酸化阻害、高血圧、動脈硬化、脳血管障害、心臓病、癌の予防に優れた抗菌や血糖値抑制作用があるというポリフェノールが沢山含まれている。